エステ脱毛のデメリット

時間がかかって日焼けができない

エステサロンでの脱毛はメリットも大きいですが、デメリットもあります。具体的にどのようなデメリットがあるのか理解し、通うか判断してください。 第一に医療用脱毛とは異なり、時間がかかることです。医療用脱毛の場合は脱毛が完了するまで1年半前後とされていますが、エステ脱毛の場合には3年前後かかります。そのため、長期間脱毛する経済面・時間の余裕がある人ならば通っても問題ありません。また、かかる時間と費用を計算し、予算に合う形で脱毛できるようにエスティシャンと相談することも、デメリットを解消するためには必要です。 第二に、エステで脱毛を行っている時には日焼けができないため、プールや海水浴をはじめ、屋外に出る場合には日焼け止めをしっかり塗らなければなりません。まして、日焼けサロンに行くことは禁止です。肌が黒いとレーザーや光脱毛で効果が出にくいため、注意してください。

肌トラブルが発生する危険性

肌質によっては脱毛を行うと、トラブルが発生することもデメリットのひとつです。毛嚢炎ができるリスクや、脱毛をすることで肌が乾燥しやすくなるリスクが挙げられています。もちろんエステサロンで脱毛をする場合、乾燥しないようにフォローする場合が少なくありません。しかし、完全に抜けてしまった後は、ミルクやクリームで定期的な保湿を行うことが必要です。また、毛嚢炎となった場合、患部を定期的に消毒して様子を見ることも忘れないでください。 さらにやけどとなるリスクも少なくないため、やけどをしないように自宅に帰ってから冷却しておきましょう。水ぶくれや低温やけどにならないように、冷却パックで様子を見ながら冷やしておくとやけどの跡も残りません。